「社会健康医学」を基に、医療や保健などの分野で活躍する人材を育成する大学院大学が、来年の4月に静岡市にオープンすることが決まりました。

4年前、検討委員会を立ち上げた県は、去年、国に設置許可を申請していましたが、先月23日に文部科学省から許可が下り、大学院大学の来年4月の開学が決まりました。

大学院大学は、県立病院に隣接する建物に設置され、定員は1学年10人。疫学や医療統計学など、5つの医療分野を学ぶということです。

医学・医療分野における公立の大学院大学が設置されるのは、全国で初めてです。

県は、今後速やかに学生募集要項を公開し、入学試験の実施に向けて準備を進めるとしています。

This article is a sponsored article by
''.