<第52回全日本大学駅伝>◇1日◇熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前(8区間106・8キロ)

 静岡県内高校出身の選手では、早大3年の太田直希(浜松日体高出身)が4区(11.8キロ)で区間2位の33分23秒(区間新)をマークし、1位で5区の走者にタスキを渡した。
 2区(11.1キロ)では日体大4年の池田耀平(島田高出身)が、区間3位の31分39秒と好走を見せた。他、最終8区(19.7キロ)では、6位でタスキを受けた順大2年の西沢侑真(浜松日体高2年)が8位でゴールし、同大の14年ぶりシード権獲得に貢献した。
 優勝は最終区の激戦を制した駒大。2位は前年王者の東海大。箱根駅伝王者の青学大は4位。太田、鈴木がメンバーに入った早大は5位だった。

This article is a sponsored article by
''.