静岡県内の医療機関で初めて発生した伊豆の国市の順天堂大学静岡病院でのクラスター。
新たに、3人の感染が明らかになりました。
このうち1人は、順天堂大学静岡病院の患者です。
これでこのクラスターに関連する感染者は、21人に拡大しました。
画像: 21人に拡大…順天堂大学静岡病院が院内感染を認める 静岡・伊豆の国市

この点について、県は先ほど会見を開き、院内感染を認めました。

● 県疾病対策課 後藤幹生課長 県庁・午後5時すぎ
「670例目(患者の感染者)は、先月21日の入院時にPCR検査を実施し、陰性が
 確認されています、先月21日から30日の間に感染したと考えられるので、
その間院内にずっといらっしゃった、入院中ということなので、院内感染となる」

ただ、病院や県は、これまで一貫して、
患者に感染が広がる恐れは低いと強調していました。

●県会見 永井技監(おととい)
「患者も基本的にはマスクつけているし、この方たちも患者に接触するときは
 マスクをつけて注意深く接しているということです」

にもかかわらず、なぜ患者への感染は広がったのでしょうか。

● 県疾病対策課 後藤幹生課長
「628例目の方と対面で1分ほど話をされたと聞いている、
記者)診察になりますか?
 そこまでは聞いていません、確認していません。
 この場面で感染したとは確定していません。」

順天堂大学病院に通院しているという女性は、おとといから病院に電話が通じず、
祝日にもかかわらず今日、直接、病院を訪れてみたのだといいます。

●伊豆の国市の女性
「患者さんとしても不安?」
「そうですね。不安どころじゃないですよ。
 だから、あしたまた電話通じなければ、
 また来て対処しなきゃならないですもんね。
 だって私なんか遠くから自転車で来てるんだよ。悪いけどここの街はね、
 医者でもってるようなもんなんですよ、飲み屋とか食べ物屋とか。
 私もそういう関係で仕事してるけどね。そういうこと気を付けてくけないと」

●伊豆の国市の男性
「年寄りばかり行くから大変だよ。みんなお年寄りだからさ。
 不安あるな。不安いっぱいだよ。早く収まってほしいよ。こんなよ。
 なにやってるんだって、こっちは言いたいよ。」

順天堂大学静岡病院は外来、入院、手術を継続するとし
次のようにコメントしています。

● 順天堂大学静岡病院 佐藤院長VO
「引き続き、残りの接触者(患者・職員)について、迅速にPCR検査を実施し、
 感染の全容把握に努めてまいります」

また、静岡市では、新たに2人の感染が明らかになりました。

画像: また、静岡市では、新たに2人の感染が明らかになりました。

そのうちの1人は、静岡市立静岡病院の医療職ではない高齢の職員です。
病棟での軽作業が仕事で患者との接点はなく、
院内に濃厚接触者はいませんでした。
静岡病院の職員の感染は今回で2人目で、
病院は職員が働いていた病棟の患者全員を
念のため検査するとしています。
さらに、浜松市でも8人の感染が発表され、
県内のきょうの感染者はあわせて14人となりました。

This article is a sponsored article by
''.