静岡県内で34店舗を展開する「炭焼きレストラン さわやか」は4日までに、1日に静岡市駿河区の「静岡インター店」で出火したことを謝罪し、火災当時に来店していた客を探していることを明かした。

 目的は「直接、お詫びする」ためで、公式サイトに「火災発生時に店舗にいらっしゃったお客様のご心痛を思うと言葉もございません。最優先で避難していただいたことで、連絡先もお伺いできておらず、お詫びをすることもままならぬ状態です。つきましては、直接『お詫び』をさせていただきたく、当日火災が起きた時間、静岡インター店にいらっしゃったお客様から、ご連絡をいただきたく存じます」とつづり、連絡先の電話番号も掲載している。
 「炭焼きレストランさわやか 静岡インター店」は、1日午後6時に出火し、木造平屋建ての店舗250平方メートルを全焼。鎮火まで約4時間かかった。警察と消防によると、店内は、ほぼ満席の状態で順番待ちをしていた人も含めて、80人ほどの利用客がいたとされている。しかし、約20人の従業員が避難誘導したこともあり、けが人はいなかった。また、「さわやか」は出火原因について、担当者がハンバーグを調理中に誤ってグリル台に油をこぼし、そこから引火し、一気にダクトに燃え広がったことを公表している。

画像: 「さわやか」火災時の在店客に呼びかけ「直接お詫びを…ご連絡をお待ちしています」 静岡市

This article is a sponsored article by
''.