J2ジュビロ磐田は、FW小川航基(23)とDF舩木翔(22)の2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。5日にPCR検査で陽性が判定。両選手とも、現時点で「無症状」としている。

 発表によると、2人は10月25日のザスパクサツ群馬戦後に知人と接触。その知人から今月4日、新型コロナ陽性の連絡が入った。当日の徳島ヴォルティス戦に向けて徳島入りしていた2人は体調に異常はなかったが、試合会場には帯同せず、宿泊先の自室隔離。自主的にPCR検査を受検していた。両選手は知人と接触した以降もチーム練習に参加し、1日のアビスパ福岡戦にもそろって出場していた。
 これを受け、磐田はクラブで管理する行動履歴及び、Jリーグ独自の基準により、濃厚接触の疑いがある選手、スタッフは同日、自主的にPCR検査を受検。判定結果については、「分かり次第お知らせいたします」としている。6日の練習は急遽、中止になった。

画像: 新型コロナ感染が明らかになったジュビロ磐田FW小川航基

新型コロナ感染が明らかになったジュビロ磐田FW小川航基

This article is a sponsored article by
''.