一方、磐田東高では広島カープから育成1位指名を受けた二俣翔一選手が指名のあいさつを受けました。訪れた球団関係者が「強い肩が魅力だが、バッティングや配球を磨いて、一日も早く試合に出てほしい」と挨拶すると、二俣選手は緊張した様子でうなづいていました。
画像: 広島育成1位の磐田東・二俣投手「1日も早く支配下選手に…」 youtu.be

広島育成1位の磐田東・二俣投手「1日も早く支配下選手に…」

youtu.be

 二俣選手は御前崎市出身で、磐田東高校では捕手として活躍。走・攻・守、三拍子揃った 抜群の身体能力が持ち味です。

磐田東高 二俣翔一選手:「プロ野球という世界に入って、みんな入ったらゼロからのスタートなので、みんな一緒だと思う。一日でも早く支配下登録されるように頑張りたい。自分のアピールポイントは肩だと思っているので、その肩を生かせるようにチームにも貢献したい」

This article is a sponsored article by
''.