新型コロナによる自粛ムードで、いま模型業界に追い風が吹いています。静岡市で始まった展示会も大盛況で、芸能界きっての模型ファンとして知られる俳優の石坂浩二さんも作品を展示しています。
画像: タミヤ社長「静岡はホビーの街、愛好家が集まるのは当たり前」 石坂浩二さん「静岡は聖地」 静岡市で模型展示会 youtu.be

タミヤ社長「静岡はホビーの街、愛好家が集まるのは当たり前」 石坂浩二さん「静岡は聖地」 静岡市で模型展示会

youtu.be

根方ゆき乃記者:「ビーズで作られた鬼滅の刃のキャラクター模型や…スターウォーズに出てくるロボットなど、模型ファンの力作が会場にずらりと並ぶ」

 静岡市で8日から始まった模型の展示会。新型コロナの影響で、毎年5月に行われる「静岡ホビーショー」が中止になったことを受け、代わりのイベントとして、規模を縮小して行われています。

タミヤ 田宮俊作社長:「ホビーショーをやらないと、模型を作っている人たちの交流ができないので、寂しいという話を聞いたので」

 県内外から53の模型クラブが集まり、900点ほどの力作を展示しています。そこにはなんと…、俳優の石坂浩二さんの姿も! 芸能界きっての模型愛好家です。

石坂浩二さん:「プラモデルの魅力というのは、まず箱を開けるとキットが入っていて、そのキットにバラバラに入っている。バラバラの仕方がそれぞれの会社や、作った人の考え方が反映されていて…」

 模型への愛が止まらない石坂さん。石坂さん率いる模型クラブ、「ろうがんず」が手掛けた作品がこちら。

根方ゆき乃記者:「1年ほどかけて作られた戦艦の模型。石坂さんの作品もある。下がって見てみると…、より精密さがわかります」

 タイトルは「帝国連合艦隊」。軍艦が160隻集結した作品で、石坂さんは「大和」などを担当。700分の1に縮小されたパーツをピンセットや爪楊枝を使いながら組み立てたといいます。

石坂浩二さん:「静岡はやはり聖地。静岡でホビーショーをやれるということは、全国的に憧れの地へ行けるという気持ち。来年は是非、やれるような世の中になってもらいたい」

 他にも会場には手の凝った作品がずらり。
こちらは、ビーズを使って作られた、あの人気アニメの模型です。立体的で表情までしっかり再現されています。

 また、このキャラクターの模型は、100円ショップの粘土を使って作られました。

訪れた母と娘:「細かくて見入ってしまう。かわいい。ホビーショー
に行ったことはないが、もっと広いところでやっているのも、また来てみたい」

訪れた男性:「(規模は)小さい形でも、いろいろなプラモデルを見ることができてよかった」

 自粛ムードの高まりでおうち時間が増え、追い風が吹く模型業界。大手模型メーカー・タミヤでは、前の年と比べて販売は30%以上増え、生産が追いついていない状況だといいます。

 来年は、模型の聖地『静岡』に、世界中の模型ファンが集まることを期待しています。

タミヤ 田宮俊作社長:「静岡はホビーの街なので、ホビーの愛好家がここに集まるのは当たり前。静岡は模型の街だということをまた印象付けたいです」

This article is a sponsored article by
''.