杉沢洋佑記者(伊豆の国市 午前10時ごろ):「市中感染の疑いもぬぐい切れない伊豆の国市、飲食店関係者らにも動揺が広がっています」
画像1: 飲食店・旅館など150施設の従業員対象に抗原検査実施へ クラスター発生で不安広がる静岡・伊豆の国市

病院でクラスター発生

杉沢洋佑記者(伊豆の国市 午前10時ごろ):「市中感染の疑いもぬぐい切れない伊豆の国市、飲食店関係者らにも動揺が広がっています」

伊豆の国市内の飲食店
「GoToキャンペーンによるコロナ感染の拡大は懸念していたけど、一番出してはいけない場所から出てしまったのが、とても残念です。お客さんも減っていることが大打撃です」

画像2: 飲食店・旅館など150施設の従業員対象に抗原検査実施へ クラスター発生で不安広がる静岡・伊豆の国市

伊豆の国市

 感染の広がりを警戒して、市内ではすでに自主休業を始めている店もありました。

伊豆の国市の飲食店(自主休業中):「3日から休んでいる。予約が入っているけど断ろうと思って。今月いっぱい様子を見ようかと思う」

 この店には、数件の予約が入っていましたが、きょう以降のものは、すべてキャンセルしてもらう予定だといいます。自主休業中の収入は、ゼロです。

伊豆の国市の飲食店(自主休業中):「先生たちが行った店がすごく噂が立っている。実際はわからないから、どこから出たのか。みんなコロナが怖いから、自粛して、やめた方がいいかなと思って。しょうがないとしか言いようがない」

 「順天堂の城下町」とも呼ばれる街で発生したクラスターは、皮肉にも、日頃の結びつきの強さが不安を拡大させる一因になっているようです。

市民A:「いつかはこういう日が来ると感じていたが、一気に広まったのを見ると、今まで以上に気をつけなけばと」

市民B:「伊豆の国市のあの地区の店には、とにかく行かない方がいいといううわさがあって」

Q うわさに翻弄されている?

市民B:「そうです。だからちゃんと記者会見をしてほしい、自分たちの始末じゃないですか。かなり皆さん怒っています」

 順天堂大学静岡病院の医師らは、発症の前後に市内の飲食店などで会食をしていたことが分かっています。

150施設の従業員対象に検査実施へ

画像: 150施設の従業員対象に検査実施へ

飲食店の従業員らの検査実施へ

 こうした背景を踏まえて、きょう川勝平太知事は、病院がある長岡地区の飲食店や旅館など約150施設の希望する従業員を対象に、無料で抗原検査を実施すると発表しました。  市内に臨時の検査場所を設置し、遅くてもあさってから開始するということです。

飲食店:「ここは本当に感染していません、検査もしましたと。検査することでお客さんを安心させて、検査することで自分もお店も安心になるならいいことだと思う」

飲食店(自主休業中):「 (検査を)やってほしい、そうしないとみんな不安です。お客さんも来なくなってしまう。全世界のことだからだれを責めるのでもないし、誰の責任でもないから、ただやっぱり気を付けるしかない」

This article is a sponsored article by
''.