アメリカ大統領選挙はバイデン氏の勝利が確実となりました。

静岡県 川勝平太知事(9日午後2時半 県庁):「全体としてアメリカが分断するというか、大統領の討論も、これが世界をリードするアメリカ、パクスアメリカーナ(米国による平和)の討論会かと思わせるくらい落胆した。世界の指導者と皆が注目しているわけですから、その時代は終焉しつつあるというのが私の印象」

両候補への失望を口にした川勝知事ですが、初の女性副大統領となるハリス氏には期待を寄せました。

川勝知事:「注目したいのはハリスさんですね。アメリカ歴代大統領、黒人の大統領がオバマさんで初めて選ばれました。今度、副大統領に有色でかつアジア系の方が、しかも女性が、この三拍子そろった優れた方が副大統領として、バイデンさんと組まれるということにアメリカの良さを感じている」

 川勝知事は交流のあるカリフォルニア州やハワイ州など地域間の外交を通じ、アメリカとの交流を深めていくとしています。

川勝知事:「富士山がある静岡県としては、富士の国として、パクスアメリカーナに代わる、小さな平和に基づく、いわゆるSDGsの思想に基づいて、誰をも取り残さないと。皆、等しく幸せを追求する権利があると、これをやっていくのが、我々の仕事ではないかと思っている」

画像: 静岡県 川勝平太知事

静岡県 川勝平太知事

県民からはバイデン氏への期待と不安の声があがっています。

静岡市 20代男性::「バイデン…おじいちゃんのイメージしかない。正直もうちょっと若い人の方がこれからの世界のことをもっと考えてくれるのかなと。女性の副大統領が初めてと聞いて、日本にも女性の地位の向上を期待したいですね」

掛川市 60代男性:「やはりバイデンさんで、オバマさんの路線を継承して、平和な世界に貢献できるアメリカになってほしい。平和に対して、環境に対して、お金を使っていただける国になればと。またトランプさんのような考え方を持っている方が、(アメリカに)たくさんいるということは驚きでした」

焼津市 50代女性:「バイデン氏の方が良かったと思います。輸入輸出これから新型コロナが終わってからどういう風にいくか(アメリカが)あれこれ買えって言ってくるかもしれないんですけど丸く収まるようになればいいかなと思います」

静岡市 60代男性:「日本に対しては軍事関係防衛費とか、お金のからみ。あとは軍に対して、日本にどこまで協力しようかというところにちょっと不安があります。バイデンさんも対北朝鮮に対しては、裏方として色々見てきてはいるでしょうから、実際にそれを実行するとなると、果たして韓国に対しても、日本に対しても、本国のアメリカに対しても、中国に対しても、いろんな連鎖、絡みがありますから、その辺は手腕お手並み拝見という感じです」

      

This article is a sponsored article by
''.