県内では新たに13人が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。静岡市と浜松市でクラスター関連の感染者が相次いでいます。
画像: 【新型コロナ】県内で新たに13人が感染 クラスター関連の感染者相次ぐ youtu.be

【新型コロナ】県内で新たに13人が感染 クラスター関連の感染者相次ぐ

youtu.be

新たに感染が確認されたのは浜松市で7人、静岡市で3人、伊豆の国市・ 長泉町・磐田市で1人ずつです。

●静岡市の担当者
「学校にも工場にも両方通うのが全部で39人。このうちいまのところ陽性者10人。学校のみに通う人は24人。このうち陽性者は3人。」「今のところ13名の陽性者が出ている。」

静岡市では新たに3人の感染が判明しました。
このうち1人は、20代のアルバイト勤務の男性できのう発表された県内17例目の感染者集団=クラスター関連です。このクラスターで感染したのはいずれも20代から30代の男女でこのうち10人は学校やアルバイト先が同じです。これで関連する感染者は13人となりましたが、静岡市はクラスターが発生した施設名については「濃厚接触者が特定できている」として公表していません。

●記者)
「一部報道では出ていたが、あくまでいわゆる外国人集団であることは認めない?」
●静岡市の担当者
「認める認めないということではなくて、そこは発表できない。」

静岡市によりますと、このほかアルバイト先の工場と学校が同じ人が46人いるということで、今後PCR検査を実施する方針です。

浜松市の感染者のうち5人はクラスターが発生した東区の高齢者施設「グレィス有玉」に関連する感染者です。
4人が60代以上の女性入所者で、1人が施設の従業員です。いずれも無症状や軽症ということです。これで同じ会社が運営していてクラスターが発生した2つの高齢者施設に関連する感染者は28人となりました。
浜松市は今後、市内にあるおよそ300の高齢者施設に対して感染対策を確認する立ち入り調査を行う方針です。

This article is a sponsored article by
''.