いわゆる「袴田事件」で、死刑囚の袴田巌さんに「無罪の心証」を持っていたことを告白した元裁判官の熊本典道さんが亡くなったことがわかりました。
画像: 「袴田さんは無罪の心証」を告白…袴田事件担当の元裁判官、熊本典道さん死去

袴田秀子さん:「黙ってりゃ、黙ってて済むこと、熊本さんにすれば、知らん顔して。だけど、あえて言ってくれたというのは、私たち、家族は大変ありがたいと思っている」

 袴田事件をめぐっては、現在は最高裁が裁判のやり直しを認めるかどうか審理しています。

 関係者によりますと、静岡地裁の元裁判官、熊本典道さんは11日午後3時ごろ、福岡市内の病院で亡くなりました。83歳でした。きょう、身内だけで葬儀を行うということです。

 熊本さんは静岡地裁の裁判官として、1966年に旧清水市で一家4人が殺害された袴田事件の審理を担当。1968年に袴田巌さんに下された死刑判決を書きました。

 しかし、2007年に守秘義務を破って、当時、袴田さんに「無罪の心証」を持っていたことを告白しました。

熊本典道さん(2007年):「あれだけ長時間連日調べられてね、自白しない人がむしろ、少ないと思うよ。いやあ、僕の心の中ではね、無罪だと間違ってないと思うけどね」

 熊本さんは、近年、肺炎などを患い、入院生活を送っていましたが、今月初めに体調が悪化し、袴田巌さんの姉の秀子さんが見舞いに訪れていました。死去の一報をうけて、先ほど、秀子さんが取材に応じました。

This article is a sponsored article by
''.