ノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さんが亡くなりました。小柴さんの研究を支えた静岡県内の企業からも、追悼の言葉が寄せられています。
画像: ノーベル物理学賞受賞、小柴昌俊さん死去 研究支えた企業からも追悼の言葉 浜松市 youtu.be

ノーベル物理学賞受賞、小柴昌俊さん死去 研究支えた企業からも追悼の言葉 浜松市

youtu.be

 東京大学によりますと、特別栄誉教授の小柴昌俊さんが12日夜、亡くなったということです。94歳でした。

 小柴さんは宇宙から飛来する素粒子「ニュートリノ」を、独自の観測施設で捕らえることに成功し、2002年にノーベル物理学賞を受賞しました。

 小柴さんの観測施設には、浜松市の電子機器メーカー「浜松ホトニクス」が開発した機器が使用されていました。

 死去をうけて浜松ホトニクスの晝馬明社長は、「ニュートリノ天文学という新しい学問領域を切り拓かれた偉大な先生を失ったことは非常に残念なことです。心からご冥福をお祈りします」とコメントを発表しています。

This article is a sponsored article by
''.