静岡県内の旅行代理店も、北海道の感染状況や政府の対応を注視しています。
画像1: 第3波か…人気観光地でも感染拡大 旅行代理店「最優先は旅行客の安全」 静岡市

サンコートラベル 宮川憲社長:「きのう(9日)の北海道で200人感染を聞いて、これから北海道に行く、という問い合わせも何件かあるので、そのお客様がどのように動くか心配」

 北海道は気候のいい夏だけでなく、冬も旅行先として人気です。この店でも、毎年11月ごろから予約が増えるということですが、新型コロナの影響もあって、今年の動きはまだまだ鈍いといいます。予約は例年の半分ほどまで減る見込みです。

 さらに、都内で再び感染者が増えてきていることにも頭を悩ませています。

画像2: 第3波か…人気観光地でも感染拡大 旅行代理店「最優先は旅行客の安全」 静岡市

サンコートラベル 宮川 憲社長:「11月末に日帰りの東京のバスツアーを計画しているが、申し込みはすごく鈍い。これだと多分出発できない形になると思う」

 旅行業界が期待するGoToトラベルに水を差す形となっている人気観光地での感染拡大。売り上げ減少は打撃となりますが、最優先するのは旅行客の安全です。

サンコートラベル 宮川 憲社長:「GoToトラベルを使って旅行はぜひ行ってほしいが、今の状況を考え、これからも(感染者が)増えるかもしれないと考えると、積極的に北海道に行ってくださいとは…。例えばお客さんには方面を変えてもらうとか、ちょっと時期をずらしてもらうとか、そういう案内になると思う」

 新型コロナウイルスの感染者は、今月に入って増加傾向にあり、「第3波」の到来も懸念されています。

This article is a sponsored article by
''.