前節、平岡新監督の初陣を白星で飾ったエスパルスは14日、ホームでセレッソ大阪と対戦しました。

 直近3試合で負けなしの17位エスパルス。平岡新体制での連勝めざし、5位セレッソ大阪をホームに迎えました。

 試合が動いたのは後半4分。エスパルスは相手のクリアボールをソッコが拾うと、竹内からヘナト、さらにヘナトがカルリーニョスとのワンツーでゴール前へ。最後はそのヘナトがバイシクルシュート、ヘナトの芸術的ゴールで先制します。
 
 同点に追いつかれたエスパルスですが、41分、途中出場の中村がカルリーニョスとのワンツーから左足を振りぬくと、これがゴール右隅へ。中村の今季初ゴールで勝ち越すと…

 試合終了間際にも、エスパルスはカウンターからチャンスを作り、ティーラシンからのパスを受けたカルリーニョスが勝負を決定づける3点目。

 2試合つづけて3ゴールを奪った新生エスパルス、平岡新監督のもと今シーズン初の連勝です。

【結果】清水エスパルス 3-1 セレッソ大阪

       
平岡宏章監督:「選手たちが頑張ることによって、連勝することができた。(連勝で)自信をつけて、もう一つワンランク上のサッカーを目指せるように、さらに連勝できるように、またあすからいい準備をしたい」

画像: 試合後、観客の声援に拍手で応じるJ1清水の選手たち

試合後、観客の声援に拍手で応じるJ1清水の選手たち

This article is a sponsored article by
''.