来日しているIOCのバッハ会長は菅総理と会談し、来年の東京オリンピックを開催することで一致しました。ただ、新型コロナ感染拡大の懸念もある中で、県民の反応は様々です。

 東京オリンピックの延期が決まって以来、初めて来日している国際オリンピック委員会=IOCのバッハ会長は、午後5時半から、JOCの森会長とともに記者会見を行っています。

 午前、菅総理とも会談し、予定通り来年夏に観客を入れて開催する考えで一致しました。

自転車競技開催の伊豆市長「実施するという力強い意図とうけたまわった」

 静岡県内では、伊豆市にあるベロドロームが自転車競技の会場となっています。

 会談をテレビで見たという伊豆市の菊地豊市長は…。

伊豆市 菊地豊市長:「実施するという力強い意図をうけたまわったので、大変心強く思う。他方、ヨーロッパ、中南米等でコロナの感染が拡大傾向にある中で、観客がどうなるかは私どもの力の及ぶところではないので、これは宿命として、どのような状況になろうと受け入れざるを得ないと思う」

画像: 自転車競技開催の伊豆市長「実施するという力強い意図とうけたまわった」

静岡県民は…

 経済活性化と感染のリスク。新型コロナ収束の兆しが見えない中でのオリンピック開催に県民も複雑です。

静岡市 40代女性:「心配だけどやってほしいなと。それ以降になるともっともっと難しいと思うので、やるなら夏なのかな」

Q 何が一番楽しみですか?
10代 小学生:「サッカーです。僕はサッカーをやっていて楽しみだから」

静岡市20代女性:「コロナが今後どうなるのか予測がつかないので、どうしても密は避けられないのかなと思う。今また増えてきていることを考えると、不安の方が大きい。やってほしいという気持ちはあるんですけど」

ホテル支配人「お客迎える態勢整えている」

画像: ホテル支配人「お客迎える態勢整えている」

 静岡県はオリンピックをきっかけに、伊豆半島をサイクリストの聖地とすることを目指しています。すでに、その動きは広がっています。

コナステイ伊豆長岡 横山圭新支配人:「IOCのトップが来日されるということで、本格的に何かが動くのかと、非常に気にしていました。実際に(東京五輪が)行われるのか、行われるとしたらどういう行い方をするのか」

 バッハ会長の来日に注目しているのは、伊豆の国市にあるホテルの支配人。このホテルは自転車愛好家をターゲットにしていて、自転車を置くサイクルピットやレンタルバイクもあります。

 来年夏の開催に期待を寄せていますが、気になるのは感染症対策です。

コナステイ伊豆長岡 横山圭新支配人:「新しい時代のオリンピックの運営方法を、国の方で示してもらえれば、なおありがたい。地域としては、本当にウイルス対策、感染症対策をしっかりして、お客を迎える態勢を整えているので、国として水際の対策をしっかりしてもらえれば」

This article is a sponsored article by
''.