世界遺産・富士山の構成資産である静岡県富士宮市の「白糸の滝」で昨夜からライトアップが始まりました。

富士宮市の白糸の滝は、年間48万人余りが訪れる観光名所です。

ライトアップは昨夜から始まり、おとといの試験点灯では暗闇の中にライトで照らされた滝が浮かび上がり、幻想的な光景を見せました。

●観光客:
「心温まりました」
「いつも来ているが、これは初めてなので来てよかった」

ライトアップは世界遺産・富士山の構成資産の一つである白糸の滝などを知ってもらおうと、富士宮市が企画しました。

ライトアップは24日まで行われます。

画像: 闇夜に浮かぶ名瀑、ライトアップで幻想的に 静岡・富士宮市の白糸の滝

This article is a sponsored article by
''.