静岡県内はきょう、静岡市で新たな新型コロナウイルスのクラスターが発生するなど、60人の感染が確認されました。

静岡市は新たに27人の感染者を確認しました。
このうち、2人はクラスターが起きた静岡済生会総合病院に入院していた患者で、いずれも当初の検査では陰性でしたが、その後、発熱したため再検査を行い、陽性が判明したということです。このクラスター関連の感染者は、患者15人や看護師7人、事務員1人の合わせて23人となりました。

また、カラオケを伴う飲食店で市内10例目となる、新たなクラスターも発生しました。市によると、店内ではマスクをせずにカラオケや会話をしていたということで、対策が不十分だったとしています。市は利用者は判明しているとして、店名を公表していません。

浜松市でも新たに17人の感染が明らかになりました。このうちの6人は、クラスターが発生した接待を伴う飲食店「Pub Amor(パブ・アモール)」と「SUBIC(スービック)」の客の男女です。残りの感染者のうち10人について市は「感染経路不明」としています。

この他、県内では御殿場市で未成年の感染者が確認されるなど、16人が感染しました。未成年の感染者はおとといまで
学校に登校していましたが、濃厚接触者はいないということです。

1日の感染者が50人を超えるのは、4日連続となりました。

画像: 【新型コロナ】静岡県の新規感染者60人…4日連続50人超で、静岡市27人、浜松市17人、御殿場市などで16人

This article is a sponsored article by
''.