きのう夕方、磐田市の市道で88歳の女性が車2台にはねられ死亡しました。
画像: 磐田市二之宮

磐田市二之宮

きのう夕方、磐田市の市道で88歳の女性が車2台にはねられ死亡しました。 きのう午後6時前、磐田市二之宮の市道で、近くに住む小栗睦美さん(88)が、袋井市方面に向かって走って来た車にはねられ、さらに対向車線を走行中の車にもはねられました。小栗さんは全身を強く打ち、間もなく死亡が確認されました。

警察は過失運転致傷の疑いで、それぞれの車を運転していた、袋井市浅名の家事手伝いの女(61)と、磐田市今之浦の無職の男(68)を現行犯逮捕しました。

警察によると、最初に女が小栗さんをはね、道路に倒れているところを男がはねたということです。

いずれも容疑を認めているといい、警察が詳しい事故の原因を調べています。

This article is a sponsored article by
''.