8月に静岡県裾野市のパチンコ店で、現金を奪った罪などで起訴された男が、4年前の別の強盗事件に関与したとして再逮捕されました。 
画像: 静岡県警

静岡県警

 住所不定・無職の34歳の男は2016年9月、静岡県長泉町納米里のサイゼリヤ長泉店で、女性従業員を刃物で脅し現金約30万円を奪った疑いが持たれています。警察によりますと、男は閉店後に店の裏口で従業員を待ち伏せし、刃物で脅して金庫まで案内させました。
 男は8月に裾野市のパチンコ店の景品交換所から現金21万9000円を奪った罪などで起訴されていて、その後の調べで、今回の事件への関与が浮上しました。
 男は容疑を認めていて、「遊ぶために金が必要だった」などと話しているということです。

This article is a sponsored article by
''.