浜松市はこのほど、令和2年度の「浜松市やらまいか大使」に、コロナ禍を機に8月に東京から移住した女優熊谷真実(60)、Jリーグの元ジュビロ磐田監督で浜松市在住の名波浩氏(48)、浜松市出身でお笑いコンビ、EXITのりんたろー。(34)ら7人を選出したと発表した。
画像: 10月16日、夫で書道家の中沢希水さんと浜松市役所を表敬訪問した熊谷真実

10月16日、夫で書道家の中沢希水さんと浜松市役所を表敬訪問した熊谷真実

  他4人は同市出身者で、映画「弱虫ペダル」プロデューサーの竹山昌利氏(67)、同作品のアニメ版に出演した声優山下大輝、お笑いコンビ、シソンヌの長谷川忍(42)、歌手ERIKO(47)が選ばれた。 12月9日に浜松市役所で行われる委嘱式には、熊谷、名波氏、ERIKOが出席予定。同大使は、2005年から同市出身や在住、同市にゆかりのある人物に委嘱され、市から支給された名刺、自身の活動の中で市の魅力のPRに努めている。大使には、元サッカー日本代表FWでタレントの武田修宏、女優鈴木砂羽、タレント久保ひとみ、ももいろクローバーZの百田夏菜子らも名を連ねており、今回の7人を加えて総勢97人と1組になった。

画像: 名波浩氏

名波浩氏

This article is a sponsored article by
''.