川勝平太知事は午後、県の医師会館を訪れ新型コロナによって影響を受ける地域医療の現状について医師会の会長らと意見交換を行いました。
画像: 県医師会が知事と意見交換 新たな医療体制の必要性を訴える youtu.be

県医師会が知事と意見交換 新たな医療体制の必要性を訴える

youtu.be

●静岡県医師会 小林利彦副会長
「介護施設の方や認知症で動く方。 医療者が防護服を着ていくと怖がって逃げていく。」

認知症のコロナ患者などの治療にあたっては、症状を考慮した特別な対応が必要になるといいます。
医師会は医療現場に介護職員を入れたり、患者を介護施設で受け入れて感染症の医療チームを派遣したりするなど新たな体制づくりの必要性を訴えました。

●静岡県医師会 紀平幸一 会長
「今度このような 感染症は必ず何年に一回は来るという想定にしておかないといけない。いざというときに専門病院にできるようなものを施設が必要なのではないかと」

●川勝知事
「こういう議論はホットな時に徹底的にしていただいて、限られた予算だが、そのための準備を怠らないようにしたい。」

県はあす、県医師会の幹部らが参加する医療専門家会議を開き、コロナ病床の確保や病院の役割分担などについて協力を求める方針です。

This article is a sponsored article by
''.