接待やカラオケを伴う飲食店でクラスターが相次ぐ中、次の段階の対応として、注目されるのが、飲食店への『時短要請』です。2日の知事会見では…。
画像: 静岡県 川勝平太知事

静岡県 川勝平太知事

静岡県 川勝平太知事:「医療提供体制のひっ迫が顕著で、深刻な危機感を持ってこれを見ている。時短営業の要請等については、目下のところ考えていないが、県内および地域間の感染動向、並びに医療提供体制のひっ迫度合いを注視して、医療専門家の助言、または地元市町の意見も受けて、アクションを起こすかどうか考慮中」

 この状況が続けば、『時短要請』もありうるとの考えを示しました。

Q.静岡市とか浜松市に対して、時短要請をすることを検討している?

静岡県 川勝平太知事:「浜松市に対しては検討していない。やはり今、浜松市を超えて感染している市がある。そこに対しては極めて厳しい目を持って見ている」

 川勝知事は、名指しは避けましたが、静岡市への時短要請を検討していることをにじませました。知事が不満を持っているのは、静岡市がクラスターの起きた施設名をほとんど公表していないからです。

Q.静岡市や伊東市など県東部で増えている所に関しては、これ以上増えた場合は時短要請をする場合がある?

静岡県 川勝平太知事:「伊東市は伊東市なりの策を取っている。取っていない所がある。感染経路が分かっているから公表しないとかいう形で」

Q.知事の言う厳しい目は静岡市だけであって、伊東市には向いていないということ?

静岡県 川勝平太知事:「一番たくさん、1週間ほどで感染者が増えている所に一番注目して見ている」

This article is a sponsored article by
''.