静岡市の街中の大型ビジョンに、大学生が躍動する映像が流れています。その映像に込められた思いとは。
画像: 観光名所や茶畑など静岡県内10カ所以上で撮影…静岡大学よさこいサークル「お茶ノ子祭々」がYouTubeで地元PR youtu.be

観光名所や茶畑など静岡県内10カ所以上で撮影…静岡大学よさこいサークル「お茶ノ子祭々」がYouTubeで地元PR

youtu.be

久保円華アナウンサー:「人気映画=鬼滅の刃などのPR動画が流れる大型ビジョン。大勢の人の目にとまるこの場所で、大学生からあるメッセージが届けられています」

 大型ビジョンに流れているのは、静岡大学よさこいサークル「お茶ノ子祭々」が先月15日に公開したYouTube動画をPRするものです。
         
 歌と踊りはサークルのオリジナル。1年以上かけて作ってきましたが、新型コロナの感染拡大で全国大会などが中止に。動画で「今を生きる素晴らしさ」を表現することにしました。撮影は観光名所や茶畑など、県内10カ所以上で行い、地元をPRしています。

プロジェクトリーダー 籠谷遥さん(静岡大学3年):「あすを生きる活力。次の日頑張ろうって思ってもらえるような作品にしようと思って、この媒体で色んな人に見てていただきたいなと思います」

This article is a sponsored article by
''.