静岡県警は12月から、各警察署の窓口の受付時間を試験的に短縮しています。職員の「働き方改革」を進める狙いです。
画像: 働き方改革と新型コロナ感染防止対策」で、免許更新や落とし物の受け取りは「時短営業」 静岡県警

 静岡県警は12月から、各警察署の窓口の受付時間を試験的に短縮しています。職員の「働き方改革」を進める狙いです。  短縮の対象となるのは運転免許証の更新や落とし物の受け取り、車庫証明などの窓口です。期間は今月から当面の間としていて、一部の窓口を除き、午前9時から正午までと、午後1時から午後4時までに短縮されます。

 ただし、運転免許証の更新については、すでに案内のはがきを受け取っている場合は、12月以降でもはがきに記載された時間に受け付けるとしています。

 県警は短縮の理由について、職員の「働き方改革」の推進と新型コロナの感染対策のためとしています。

This article is a sponsored article by
''.