自転車を利用者する人の交通事故を減らそうと焼津市では交差点に段差を設ける実証実験が行われています。
画像: 自転車事故を減らすため交差点に段差を作る実証実験 静岡・焼津市 youtu.be

自転車事故を減らすため交差点に段差を作る実証実験 静岡・焼津市

youtu.be

この実験は国土交通省に採択され、静岡県焼津市が昨年度から進めています。
周辺に小学校や高校など、教育施設が集まる市道交差点に高さ10センチのハンプと呼ばれる段差が設けられ、地元の高齢者らが自転車で試験走行をしました。実験は21日まで行われ、焼津市では現場のビデオ撮影やアンケートなどで、効果を検証するということです。自転車のハンプ実証実験は、全国的にも珍しい取り組みということです。

This article is a sponsored article by
''.