J3藤枝MYFCは7日、石崎信弘監督(62)が今季限りで退任することを発表した。
 石崎監督は、藤枝を含めてJリーグ計8クラブで指揮を執り、柏、札幌、山形をJ2からJ1に昇格させた実績がある。2004年には、清水のヘッドコーチになり、シーズン途中で監督に昇格した。2018年7月には、藤枝の監督に就任。昨季はクラブ史上最高3位でシーズンを終えた。今季は「J2昇格」を目標に、クラブ側もJ2ライセンスを取得。しかし、今月5日のC大阪U-23戦で敗れ、J2昇格が消滅した。石崎監督はクラブを通じて「残り3試合、チームとして来季につながるゲームを目標に、1試合1試合を大切に戦っていきたいと思います」などとコメントした。
 トップチームの石井孝典コーチ(40)と黒川隆史テクニカルコーチ(36)、トレーナーの武内俊宏氏(25)も契約満了で退任する。クラブは、後任監督について「決まり次第、お知らせいたします」としている。

This article is a sponsored article by
''.