8年前、浜松市で知人男性を殺害した罪などに問われている歯科医師の男の裁判で地裁浜松支部は懲役19年の判決を言い渡しました。
画像: 知人男性殺害の罪に問われている歯科医に懲役19年の判決 地裁浜松支部 youtu.be

知人男性殺害の罪に問われている歯科医に懲役19年の判決 地裁浜松支部

youtu.be

判決によりますと浜松市東区の歯科医師藤井敏美被告(65)は2012年7月、浜松市内で建築会社を経営していた
知人の高森繁治さん(当時68)を睡眠導入剤を投与したあと、劇薬のクロロホルムを吸引させるかその他の方法で殺害して死体を遺棄するなどしました。
きょうの判決で地裁浜松支部の山田直之裁判長は「被告は土地をめぐるトラブルの中でウソが発覚するのを回避するために被害者を殺害する動機があった」と指摘。
「計画的な犯行で反省の態度はまったくみられない」などとして藤井被告に懲役19年の判決を言い渡しました。
藤井被告は裁判の中で起訴内容を全面的に否認していました。
藤井被告の弁護士は控訴するかどうかについて「コメントしない」と話しています。
この事件は、裁判が始まるまでの手続き期間が6年3カ月と裁判員裁判としては全国最長となっていました。

This article is a sponsored article by
''.