ラグビートップリーグのヤマハ発動機ジュビロは9日、元日本代表FB五郎丸歩(34)が、来年1月16日開幕のシーズンをもって現役を引退すると発表した。今月16日、浜松市内で記者会見を行う。
 五郎丸は3歳でラグビーを始め、佐賀工で3年連続全国高校ラグビー大会に出場。進学した早大では1年からレギュラーを獲得し、1、2、4年時に大学選手権優勝に貢献した。2年時の2005年4月、ウルグアイ戦で日本代表デビュー。2008年、静岡県磐田市を本拠地にするヤマハ発動機に入団した。
 2015年W杯イングランド大会では、歴史的金星を挙げた南アフリカ戦で計24得点、1次リーグ4試合で58得点を記録し、大会のドリームチーム(ベストフィフティーン)に選ばれた。日本代表の活躍が注目されるにつれ、五郎丸がキックを蹴る前に体の中央で両手を合わせる「五郎丸ポーズ」が話題に。同年の新語・流行語大賞にもノミネートされた。そして、五郎丸自身の人気も上昇し、磐田市内の練習場にも大勢のファンが集まるようになった。
 イングランド大会後には、スーパーラグビーのレッズ(オーストラリア)、フランス1部リーグのトゥーロンにも在籍。2019年W杯日本大会での代表入りは逃したが、ヤマハではラストシーズンでの活躍も期待されている。
画像: 五郎丸、新シーズン終了後に引退…16日に記者会見 ヤマハ発動機が発表

This article is a sponsored article by
''.