カラオケや接待を伴う飲食店で、クラスターが多発する静岡市。市内の飲食店はいま、行政にどのような対策を求めているのでしょうか。市内で会員制バーを営むオーナーを取材しました。
画像: 【新型コロナ】静岡市の飲食店1000店舗でPCR検査 広がる風評被害…店「クラスター発生店舗は公表を」

 静岡市の中心市街地にある会員制のバーです。市内でクラスターや感染者が増えている状況を受け、先週からは予約のみの営業をしています。

カラオケや接待を伴う飲食店などでPCR検査実施へ

画像: カラオケや接待を伴う飲食店などでPCR検査実施へ

根方ゆき乃記者:「静岡市は今月からカラオケや接待を伴う飲食店などに、PCR検査を行うことを決めました。この会員制バーも対象です。入り口には消毒、席はパーテーションで仕切るなど、感染症対策を強化している」  

この店に8日、静岡市から1通の封筒が届きました。

オーナー:「本日届きまして、早速私も開封をして読んだんですけど…。早速きょう、日中全てのスタッフに連絡して、受けましょうと承諾を得た」

 市から届いたのは、店の従業員が無料でPCR検査を受けることができる申込書です。

 静岡市内では先月、カラオケや接待を伴う飲食店で7つのクラスターが発生。これを受け、市は中心市街地にあるバーやキャバレーなど、約1000の飲食店を対象に、一斉検査を実施するとしていました。この店では、早速、オーナーが申込書を記入していました。

オーナー:「もっと早く対応していただければ、クラスターも広がらなかったのではと正直あるが、まず一歩。(PCR検査を)行っていただけるということで、早く受けたい」

「できる対策はすべてやろうと」

画像: 「できる対策はすべてやろうと」

 店は「何としてでも感染者を出すまい」と感染症対策にも余念がありません。 オーナーの説明
「通常のときより席数を減らしています。パーテーションも正面とサイドに置き、客の前には1台ずつ(加湿器を置くなど)工夫しています」

Q.それぞれの席での対策が万全な状況

オーナー:「そうですね。できることは全てやろうと」

 ただ、飲食店業界がいま最も不安視しているのが、クラスターの店名が公表されないことで広がる風評被害です。

オーナー:「公表した方が、他の店舗への影響が薄れる。お客様も安心して出かけられる」

 今後クラスターが発生した場合、「原則公表」を店に求め、利用客の名簿が全てそろわなければ、「同意がなくても公表する」方針を示した田辺信宏市長。こうした『条件付き』での公表についてオーナーは。

オーナー:「公表するなら公表するで、明確にした方が、市民としても安心。これはして、これはしないとなっていくと、今までとあまり変わらず不明瞭なところが出て、これまでのような風評被害につながるのでは」

 その影響もあるのでしょうか、この店でも去年の同じ時期と比べて、客は10分の1程度に激減していると言います。

オーナー:「ここからますます拡大するのであれば、そういったこと(時短要請)も必要に応じて対応していこうと思っている」

 ただ、その上で店を存続するため、協力金などの補償も必要だとしています。感染拡大を抑えながら、飲食店業界を救うことはできるのか、財政もひっ迫する中で、行政もまた難しい判断を迫られています。

オーナー:「とにかく大変な年になったので、何とか年内にいろいろな対策を講じて、封じ込めて、いい年を迎えられたら」

This article is a sponsored article by
''.