画像: 渡邉彩香

渡邉彩香

 静岡県熱海市出身の女子プロゴルファー渡邉彩香(27=大東建託)が、土壇場で海外メジャー最終戦、全米女子オープンに出場することになったことを受け、コメントを発表した。
 「リコー杯終了後、急に決めたので、周りの方にたくさんサポートしてもらい、渡米できました。その方たちのためにも出場権を得ることができて、本当に良かったです。コースは長いし難しいですが、チャンスはあると思うので、4日間戦うことはもちろん、上を目指してプレーします」
 渡邊は、LPGAツアー選手権リコー杯(11月26~29日)終了後、「全米女子オープンのウェイティング1位になっている」との知らせを受けて、急きょ、渡米し、テキサス州ヒューストンに入っていた。到着後は、出場選手と同様に会場のチャンピオンズGCで調整を続ける中、現地時間9日午後(日本時間10日未明)、出場予定だったアンドレア・リー(米国)が新型コロナウイルス陽性の判定を受けたことから、渡邊の繰り上げ出場が決まった。
 これで日本勢は合計19人が出場。渡邉は2017年大会以来4度目の出場になる。2016年大会ではリオデジャネイロ五輪の出場権を大山志保、宮里美香と争っていたが、最終日の最終18番ホールで第3打を池に入れ、出場権を逃していた経緯がある。 大会は予選ラウンドをサイプレスクリークコース(6731ヤード=パー71)とジャックラビットコース(6558ヤード・パー71)の2コースで行い、決勝ラウンドはサイプレスクリークコースで行われる。渡邉は第1日をサイプレスクリークコース10番スタートの最終組でプレーする。

This article is a sponsored article by
''.