取り壊しを予定している住宅を利用した
火災対応訓練が焼津市で行われました。

焼津消防署が実施したもので
消防署員らがバールを使って
玄関のドアを開けたり、
煙が充満した家の屋根を開放し
煙の動きを確認していました。

また、火や煙で室内に閉じ込められたことを想定して
壁を壊して緊急脱出する訓練も行われました。

本物の住宅を使ったこうした訓練は
実際の災害に近い形を再現することができて
技術の向上につながるということです。

This article is a sponsored article by
''.