15日の静岡県内は今シーズン一番の寒さとなりました。寒さが増すと恋しくなるのが鍋料理です。鍋料理に欠かせない葉物野菜の価格の下落が続いています。
画像: 葉物野菜の価格が下落…理由の一つが外食の低迷 農家も悲鳴「このままだと破棄するしか…」 静岡県

中野結香アナウンサー:「キャベツ。私もよく野菜炒め作るんですが、こんなに大きなサイズなのに1玉138円。普通は150円から200円ぐらいするイメージなんですが、こんなに安いとはびっくりです。そして、ハクサイ。価格が88円。。100円を切っています」

収穫量が多い一方、需要が低迷

画像: 収穫量が多い一方、需要が低迷

 このスーパーでは他にも、大根は1本98円、小松菜は1袋88円と、例年より50円以上安く店頭に並んでいます。本来、需要が高まる年末にかけ価格は上がっていきますが、値崩れしたままです。 店長:「新型コロナウイルスの感染拡大によって、外食需要が低迷しているということもあると思います」

 今年は台風の被害が少なく、収穫量が多いにもかかわらず、新型コロナの影響で、飲食店の客足が鈍って需要が減り、野菜が市場に余っている状態です。

中野アナ「店長から見て、この野菜の価格はどうですか?」
店長:「毎日、特売価格という感じです」  買い物客は野菜の価格下落を歓迎しています。

客:「やっぱりうれしいですよね。毎日のことだから安いというのは、やっぱね、主婦にとってはね」

客:「私はお弁当作ったり、夕飯に緑のものはすごく使えて助かっていますね」

客:「子どもが鍋が好きなので、お鍋をよくやっています。半額ぐらいになっているので助かります」

一方、こんな意見も…

ラーメン店店主の客:「(野菜が安いのは)逆にありがたいですけど、すごく微妙ですね」

 静岡市でラーメン店を経営している男性は、野菜が安くなっている背景に飲食店の低迷があると肌で感じているため、複雑な心境です。

ラーメン店店主の客:「僕の知り合いが店を閉めると聞いたものですから…。商売をしている方にとっては、今は本当に耐えるしかないっていう、自分たちも含めてですけれども…」

農家は悲鳴…先月収穫予定のハクサイが今も畑に

画像1: 農家は悲鳴…先月収穫予定のハクサイが今も畑に

 家計にはうれしい野菜の価格下落ですが、農家からは悲鳴が上がっています。 富士市のハクサイ農家 藤森守さん:「今の状態だと、農家泣かせですね、困ります、収入を計算すると、できすぎても困るんです」

 富士山の麓で約30年、ハクサイをつくっている藤森さん。新型コロナ感染拡大で飲食店からの需要が大幅に減り、価格は半分にまで下がっているといいます。

中野アナ:「今年のできはどうですか?」

ハクサイ農家 藤森守さん:「いいですよ、最高です。やっぱり詰まっているところ、陽気がいいと成長もいいし、しまりがあるっていうかね」

中野アナも食べてみました。
「甘い、ハクサイじゃないみたい、甘いし、味が結構しっかりしています、おいしい!」

画像2: 農家は悲鳴…先月収穫予定のハクサイが今も畑に

 今年は天候に恵まれ、例年の1.5倍の大きさに育ちました。その出来には自信を持っていますが、出荷先がないため収穫できない状態に。  

 先月収穫予定だったハクサイが今も畑に残ったまま、今月、来月に収穫するものが成長しています。このままでは廃棄せざるを得ない状況です。

ハクサイ農家 藤森守さん:「遅くても1月いっぱいかそこらで決断して、畑で廃棄にしてトラクターで埋めることもあり得ます。野菜を作り始めてこういう年はなかなかないですね、初めてかもしれない」

 順調に育っている野菜が行き場を失っています。

This article is a sponsored article by
''.