静岡県三島市が本拠地のVリーグ「東レアローズ」の男子バレーボール部で、新たに選手3人が新型コロナに感染し、クラスターと認定されました。
画像: 【新型コロナ】Vリーグ・東レアローズでクラスター 計6人が感染…5人は陰性判定も再検査で陽性に 静岡・三島市 youtu.be

【新型コロナ】Vリーグ・東レアローズでクラスター 計6人が感染…5人は陰性判定も再検査で陽性に 静岡・三島市

youtu.be

 8日、選手1人の感染が明らかになり、このほか17人の選手は濃厚接触者として自主隔離などの措置がとられていました。17人はいったん、PCR検査で陰性と判定されましたが、その後、発熱などの症状を訴えた選手に再検査したところ、10日に2人、15日までにさらに3人の陽性が確認されたということです。

 東レアローズは、感染経路について不明としていますが、最初に感染が判明した選手から感染が広がった「チーム内感染」とみています。

静岡県の会見:
「屋内の体育館、狭い室内で締め切ったスポーツのほうが飛沫感染のリスクが高い。換気をお願いしたいのと、掛け声、気合を入れる発声はしないように、静かに打ち込むことが大切」

This article is a sponsored article by
''.