今月、静岡県焼津市で水揚げされた珍しいピンクのカツオが、静岡市の博物館で一般公開されました。
画像: ピンクのカツオ

ピンクのカツオ

このピンクのカツオは、先月、パプアニューギニア沖で捕られた40万本のうちの1本で、体長およそ40センチ。「アスタキサンチン」というエビやカニなどに多く含まれる赤の色素が、体の腹部の表面に異常に蓄積したためだということです。

●来場した女の子
「なんか不思議だった。普通のカツオみたいじゃなかったから、ちょっと友達に言いたくなった」
●お母さん
「これ見るために来ました。こんなに鮮やかなピンクだとは思っていなくて、ヒレとかもすごくピンクで、びっくりしました」

一般公開は1日だけで、今後は、標本にして遺伝子などからピンクになった原因を調べるということです。

This article is a sponsored article by
''.