リニア中央新幹線の工事で、大井川の水が問題となっています。きのう20日、国土交通省の職員が島田市を訪れ、大井川流域の自治体の市長らと、意見交換を行いました。
画像: リニア工事未着工問題…国土交通省幹部が大井川流域市町に説明 静岡・島田市 youtu.be

リニア工事未着工問題…国土交通省幹部が大井川流域市町に説明 静岡・島田市

youtu.be

 意見交換会には、国交省から上原淳鉄道局長と江口秀二大臣官房技術審議官が出席しました。はじめに、流域の10の自治体を代表して島田市の染谷絹代市長が、大井川の水の流量確保や水質保全などを求める要望書を読み上げ、上原局長に手渡しました。このあと、非公開で意見交換が行われ、水の問題や有識者会議での分かりやすい議論のしかたなどが話し合われました。

静岡・島田市 染谷絹代市長:「私たちが、大井川の水に対して、命の水という意味をまず局長に分かっていただきたい。それは十分、きょう伝わったのではないかと思いました」

This article is a sponsored article by
''.