娘に性的暴行をした罪などに問われ、一審で無罪判決を受けた男の控訴審で、東京高裁は21日、男に懲役7年の逆転有罪判決を言い渡しました。
画像: 12歳の娘に性的暴行の父親に逆転有罪判決 一審の静岡地裁の無罪判決を破棄 youtu.be

12歳の娘に性的暴行の父親に逆転有罪判決 一審の静岡地裁の無罪判決を破棄

youtu.be

 被告の男は2017年に県内の自宅で、当時12歳の長女に性的暴行をした罪などで起訴されました。静岡地裁は去年、「被害者の証言は信用できず、的確な証拠もない」として、性的暴行について無罪としました。

 21日の控訴審判決で、東京高裁は「被害者の証言には高い信用性が認められる」「一審は証拠の評価を誤り、不合理な認定をした」として、一審の無罪判決を破棄しました。その上で
「卑劣で悪質な犯行で常習性も認められる」などと指摘し、男に懲役7年の逆転有罪判決を言い渡しました。

This article is a sponsored article by
''.