静岡県磐田市では、来年の干支のウシのガラス細工の製作がピークを迎えています。磐田市在住の工芸家、寺田光晴さんは温度が1100度近くに達するガス窯の中で、ガラスを溶かし、直径約6センチのウシを作っていきます。ウシの体には、なめらかな曲線の体に「黒ブチ」も表現されていて、鼻を上向きにデザインすることで、前向きに進むというメッセージが表現されています。
画像: 1100度近くのガス窯でガラス溶かし…来年の干支・ウシのガラス細工づくりがピーク 静岡・磐田市 youtu.be

1100度近くのガス窯でガラス溶かし…来年の干支・ウシのガラス細工づくりがピーク 静岡・磐田市

youtu.be

 工房では、ガラス細工で鏡餅なども作られています。

This article is a sponsored article by
''.