インターネット衣料品通販大手ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(44)が24日までに、静岡県内の4市町に各500万円の寄付をすることをツイッターで表明した。伊東市、伊豆の国市、小山町、湖西市で、前澤氏の広報担当者も「ご提案いただいた全国150、全ての自治体様に向けて寄付をします。納税手続きにも入り、お時間を調整いただけた首長さまとの会話済みです」と話している。

 前澤氏は日本有数の資産家で知られ、11月19日にはツイッターで「【募集】8億円寄付します!!」と告知し、「有効活用していただける自治体の首長の皆様、街を良くしたいと思う地元の皆様、ハッシュタグ#ふるさと納税8億円アイデア をつけて皆様のアイデアやご意見をツイートください!」と呼びかけていた。そして、今月21日に156の自治体と連絡が取れ、各500万円の寄付が決まったと明言。同23日深夜には寄付先が最終的に150になったことを記し、自治体名を公表した。寄付総額は7億5000万円になる。

画像: 前澤友作氏

前澤友作氏

This article is a sponsored article by
''.