静岡県沼津市の鉄道高架化事業に反対する住民らが、事業の取り消しを求めた裁判で、静岡地裁は住民らの訴えを棄却しました。
画像: JR沼津駅の鉄道高架化事業の取り消しは認めず 原告「腑に落ちない。土地は明け渡さない」 静岡地裁 youtu.be

JR沼津駅の鉄道高架化事業の取り消しは認めず 原告「腑に落ちない。土地は明け渡さない」 静岡地裁

youtu.be

地権者の会 久保田豊代表:「判決の内容を読んでいると、腑に落ちない内容がある」

 JR沼津駅周辺の鉄道高架化事業をめぐって、住民らが「事業の必要性がない」として、国や静岡県に事業認可の無効を求めていた裁判。24日、静岡地裁は「事業は適法で、請求には理由がない」などとして、住民らの請求を棄却しました。

 判決を受け、法廷内にはため息が漏れ、住民らは無念の表情を浮かべました。この事業をめぐっては、高架化にともない沼津市の原地区に新しいJRの貨物ターミナルを整備する計画です。この地区のほとんどの地権者が土地の明け渡しに同意しましたが、今回の訴訟の原告の1人である久保田豊さんのみ、応じていません。

久保田豊代表:「2月5日以降に明け渡すつもりはない。私は私の権利を主張する」

 県は来年2月5日までの明け渡しを求める戒告書を、久保田さんに送付しています。期限までに明け渡されない場合、県は強制収用を行う方針です。今回の判決をうけて、控訴については今後、検討していくということです。

久保田豊代表:「戦いと思っている。意欲は消えたわけではありません」

This article is a sponsored article by
''.