日銀静岡支店は今月の県内経済の動向について、3か月ぶりに評価を引き上げました。

日銀静岡支店によりますと、県内の景気は、引き続き厳しい状態にありますが、経済活動が徐々に再開するもとで、持ち直しているとして、3か月ぶりに判断を引き上げました。

項目別にみると、「設備投資」について判断をひき上げ、自動車関連の需要が増えていることから、「輸出」や「生産」も3か月ぶりに判断を引き上げました。

このほかについても前回と比べ悪化した項目はなく、県内経済に持ち直しの動きがみられるとしています。

画像: 静岡県の経済持ち直しの動き 日銀静岡支店が3カ月ぶりに評価引き上げ

This article is a sponsored article by
''.