島田市の山林にヘリコプターが墜落し操縦していた40代の男性が死亡した事故で警察が事故現場の調査に入りました。
画像: 静岡県島田市 ヘリ墜落 死亡は千葉県の40代男性 youtu.be

静岡県島田市 ヘリ墜落 死亡は千葉県の40代男性

youtu.be

きのう午後3時半ごろ島田市大代の山林にヘリコプターが墜落し、操縦していた千葉県浦安市に住むパイロットの出村孝太郎さん(46)が死亡しました。
国土交通省によりますと機体はロビンソン社製の自家用機で出村さん1人が乗っていました。
墜落を目撃した住民:
「(ヘリは)おしりを振りながら。いつもより振っているなと思った。風がすごく強かったからと思ったが、それと同時にほぼ垂直に落ちていった」
機体は三重県津市から横浜市に向かっていたということです。警察はけさから現地調査に入りました。
機内の音声データを確認するなどして、事故の原因を調べる方針です。
当時、島田市には強風注意報が出されていました。
国土交通省が派遣した運輸安全委員会の航空事故調査官2人もきょう現地に入る予定です。

This article is a sponsored article by
''.