<第97回箱根駅伝>◇2021年1月2日◇往路◇読売新聞東京本社前―芦ノ湖(5区間107・5キロ)
 山登りの5区(20・8キロ)では、熱海市出身の鈴木芽吹(駒大1年)が、1時間12分44秒で区間4位だった。2位でタスキを受け、順位を3位に落としたが、粘りの走りでチームの総合優勝に可能性をつなげた。
 鈴木は熱海市立泉中を卒業後、長野県の強豪佐久長聖高に進学。1年から全国高校駅伝に出場し、6区で区間最高を獲得して全国制覇に貢献している。駒大に入学後も結果を残し、昨年10月に全日本大学駅伝で3区を任され、区間5位で優勝に貢献。今大会については、12月29日の区間エントリーで「補欠」になっていたが、この日の選手変更で出走となった。
 藤枝明誠高出身の孝田拓海(国士大4年)は、1時間15分5秒で区間14位。来春、静岡朝日テレビに入社する青山学院大4年の竹石尚人は、1時間15分59秒で区間17位だった。

箱根駅伝往路に出走した静岡県内高校の出身選手一覧

1区(21・3キロ)帝京  小野寺悠(4年 加藤学園)=1時間3分35秒 13位
2区(23・1キロ)早稲田  太田直希(3年 浜松日体)=1時間8分17秒 13位
         日体   池田耀平(4年 島田)=1時間7分14秒 3位
         法政   河田太一平(2年 韮山)=1時間10分39秒 19位
4区(20・9キロ)早稲田  鈴木創士(2年 浜松日体)=1時間3分3秒 3位
中央   三須健乃介(4年 韮山)=1時間3分54秒 8位
神奈川 西方大珠(3年 浜松商)=1時間4分7秒 10位
5区(20・8キロ)国士館  孝田拓海(4年 藤枝明誠)=1時間15分5秒 14位

This article is a sponsored article by
''.