J1清水エスパルスは3日、韓国出身のDFファン・ソッコ(31)が、J1サガン鳥栖に完全移籍すると発表した。

ファンは2018年から3シーズン所属。2020年は19出場2得点だった。完全移籍に際し、ファンはクラブを通じて、「清水エスパルスの選手として戦った3年間は私の誇りです。3年間本当にありがとうございました!」などとコメントした。
 
また、2020年に10試合出場のMF西村恭史(21)については、J2キラヴァンツ北九州に育成型期限付き移籍することになったと発表。

契約期間は2月1日~2022年1月31日で、西村は「自分自身の成長のためにも、今回の移籍を決断しました。ひと回りも、ふた周 りも成長して、将来チームを引っ張っていけるように頑張ってきます」などとコメントしている。

This article is a sponsored article by
''.