コロナ禍で大打撃をうけている観光地・熱海市で、今、不動産の需要が高まっています。背景にあるのが、この1年で進んだ働き方の変化です。
画像: スミス春子アナウンサー

スミス春子アナウンサー

 
スミス春子アナウンサー:「実は今、熱海市の不動産業界にはある変化が起きています。熱海市にある不動産会社では、現在問い合わせが急増し、売り物となる物件が不足していると言います」

不動産店「問い合わせは多い時で1日20件とか」

熱海市の別荘や中古マンションなどを主に取り扱う、ロイヤルリゾートラスカ熱海店。主要産業である観光が、新型コロナの感染拡大で下火となる中、熱海市の不動産業界には、いま大きな波が来ているんです。
ロイヤルリゾート ラスカ熱海店 鷲田佑樹さん:「新型コロナでどんどん需要が増している状況。お客さまからの問い合わせを非常に多くいただいていて、1日多い時で20件以上とかはあるのではないか」
 こちらでは、去年6月頃から物件を購入したいという問い合わせが急増。壁に掲示したオススメ物件は、すでに空室がほとんどないといいます。
ロイヤルリゾート ラスカ熱海店 鷲田佑樹さん:「40件、50件ぐらいは契約させていただいていると思う。4000万円から5000万円ぐらいの物件も契約している」

出社は週1~2日、普段は熱海で生活
 

 まるでバブル期のような特需に沸く熱海の不動産業界。一体なぜ、熱海がここまで人気になっているのでしょうか?
ロイヤルリゾート ラスカ熱海店 鷲田佑樹さん:「移住の方もそうだが、リモートワークだったりとか、都内の会社だが、週に1回や2回会社に行けばいいという方が多く、普段は熱海で生活してという方が増えている」
 熱海で多くの物件が売れる理由、それがワーケーションです。ワーケーションは、ワークとバケーションを組み合わせた造語で、コロナ禍の新しい働き方として、政府も推進しています。熱海の場合、東京などの首都圏に拠点を持つ人たちが、第二の拠点として物件を購入。平日はテレワークをして、週末もそのまま滞在するという人が増えているんだそうです。
ロイヤルリゾート ラスカ熱海店 鷲田佑樹さん:「決して安くない買い物とは思うが、比較的に都内の不動産と比べると手が出しやすい。実際購入したお客さまも、毎日温泉に入ってすごく調子が良くなったとか、肌が良くなったという声をよく聞く。ネット環境の部分で『光回線がつながるの?』とか、そこを問い合わせするお客もいる。年齢層で言うと50代から60代、仕事をリタイアされた方やリタイアをされる前にというお客が多い」

実際に売れている物件は

画像: 販売している部屋

販売している部屋

 実際に売れているのはどんな物件なのか、今回特別に見せていただきました。 鷲田さん:「本日紹介させていただく物件がこちらになります」
スミスアナ:結構大きいですね。全部で何部屋あるんですか?
鷲田さん:「全部で439部屋あります」
スミスアナ:部屋数も多いんですね! よろしくお願いします。

 今人気だというのが、JR熱海駅から車で5分ほどの場所にあるリゾートマンション。築47年にも関わらず、エントランスはまるでホテルのロビーのような作りで、なんと、熱海の温泉を楽しむことができる共用の大浴場まで備えたバブリーな物件です。

画像: 部屋から見た眺望

部屋から見た眺望

鷲田さん:じゃあ、部屋がこちらになります。 スミスアナ:うわー! なにここ! すごく綺麗! えー!?

 部屋の中が…。こちら。今回見せていただいたのは、和室がある1LDK。まるで旅館の一室のようになっています。そして、この物件の一押しが…?

鷲田さん:「おすすめポイントは何と言ってもこの景色。熱海の初島とか、大島、熱海城であったりとか色々な景色を楽しめる」 スミスアナ:本当にこのベランダに出るだけで熱海を満喫できますね。

ベランダからのオーシャンビュー! 相模湾を一望できる、この絶景を手に入れられるこちらの物件。気になる、そのお値段は…?

スミスアナ:もう、この海が本当に絶景で贅沢ですけど、お値段は、ちなみにどれぐらいなんですか? 鷲田アナ:「値段がですね、1480万円になります」

 熱海市では現在、こうした1LDKほどで1千万円前後の温泉付きマンションが売れ筋だといいます。

 日本有数の温泉地に居ながら、首都圏の会社で働く。コロナ禍の新しいワークスタイルに注目が集まっています。

This article is a sponsored article by
''.