J2ジュビロ磐田は6日、J3SC相模原からMF鹿沼直生(23)が完全移籍で加入すると発表した。

 埼玉県出身の鹿沼は、静岡学園高から専修大を経て2020年に相模原へ入団。1年目にしてJ3リーグ戦全34試合に出場して3得点でJ2昇格に貢献した。
 鹿沼は再び静岡県内で生活することも踏まえ、クラブを通じて「高校3年間を過ごした静岡の地に戻ってこれたことを大変嬉しく、誇りに思います。自分らしく、泥臭く戦って、チームのために走り、勝利に貢献できるよう頑張ります。J1昇格のために、自分の全てを出す覚悟できました。一緒に戦いましょう!」などとコメント。相模原の公式サイトでは「SC相模原には、大学卒業時サッカーを続けられるかわからない中、セレクションで拾って頂きサッカーができる場を与えていただきました。そこからの1年間は1年間とは思えないほど、贅沢な時間を過ごさせていただきました。開幕から全ての試合で使っていただき、J2昇格、経験ある選手達とのプレーなど他にも数えられないほどのものを与えていただきました」などと感謝の意を示している。

This article is a sponsored article by
''.