J2ジュビロ磐田は6日、MF上原力也(24)がJ1ベガルタ仙台に期限付き移籍すると発表した。契約期間は2月1日~来年1月31日。

 磐田の下部組織で育った上原は、今季38試合に出場。ボランチとして攻守の要だったが、10月にJ1ガンバ大阪から元日本代表MF遠藤保仁(40)が加入すると、控えるに回るケースが多くなっていた。移籍に際して、上原はクラブを通して「僕の中にある高い目標のため、より成長するための覚悟を持った決断です。たくさん学び、たくさん成長します」などとコメントした。
 磐田は5日に同じく下部組織出身のFW中野誠也(25)が、J2大宮アルディージャに完全移籍することを発表している。

画像: J2磐田の主力だった上原力也(後列中央)は、来季はJ1仙台でプレーする

J2磐田の主力だった上原力也(後列中央)は、来季はJ1仙台でプレーする

This article is a sponsored article by
''.