J2ジュビロ磐田は6日、FW小川航基(23)との契約更新を発表した。

 東京五輪代表候補の小川航は、2020年シーズンに32試合出場9得点。開幕から出場機会に恵まれてきたが、11月5日、DF舩木翔(22)とともに新型コロナウイルス感染が発覚して戦線離脱した。同18日には、クラブが定める行動規律に違反したとして、1週間の謹慎処分と罰金処分を科された。
 一方で、2021年シーズンの小川航は、同世代のFW中野誠也(25)がJ2大宮アルディージャに完全移籍することも踏まえ、真のエースとしての活躍が期待される。
 ほか、磐田はMF山本康裕(31)MF伊藤洋輝(21)DF鈴木海音(18)との契約更新も発表した。

画像: J2磐田FW小川航基

J2磐田FW小川航基

This article is a sponsored article by
''.