希少なカメを販売したとして、大阪府の会社役員の男が逮捕された事件で男が「カメは預けただけ」と話していることが分かりました。
画像: インドホシガメ

インドホシガメ

大阪府の会社役員(41)は去年4月ごろ、譲渡や販売が禁止されている国際希少野生動植物種のインドホシガメ10匹をおよそ20万円で販売した疑いが持たれています。
警察によりますと、会社役員は「カメは預けただけ」と容疑を否認しています。
カメを譲り受けた疑いで書類送検された香川県でペットショップを経営する男(30代)は冷凍庫にカメ3匹を保管していて、「甲羅の状態が良かったので転売用に保管した」と話しているということです。

This article is a sponsored article by
''.