静岡県の川勝平太知事は、緊急事態宣言が出された1都3県と隣接する県東部地区で新型コロナの感染が拡大することに強い危機感を示し、1都3県への不要不急の往来は徹底して避けるよう県民に呼びかけました。

川勝知事は午前11時に臨時会見を開きました。

「きのう、菅総理大臣から東京都をはじめとする首都圏1都3県に緊急事態宣言を発出するという発表がなされました。2月7日までの1か月間は東京など1都3県への不要不急の往来を徹底して避けてくださるようにお願いする。不要不急とは、単なる必要か否かではなくて、移動するしか方法がないのか、今でなければいけないのか、ということ。感染状況の恐れがあるこの危機を何とか一緒に乗り越えて参りましょう。以上であります」

緊急事態宣言が出された1都3県との往来自粛を県民に呼びかけた川勝知事。さらに、1都3県と隣接する県東部の感染拡大に強い危機感を示しました。

「特に県東部地域は、10万人あたり(感染者が)22人台と見込まれる。ステージ4というのは25人ということなので、ステージ4に近づいているということ。県東部地域は首都圏に隣接している。日頃から首都圏への通勤、あるいは首都圏との交流が活発な地域だから、経路不明の感染者が家庭内感染を広げる首都圏型の感染傾向が見られ、首都圏の爆発的感染拡大の傾向を受けていると考えている。ここで感染拡大を食い止めなければ、
首都圏と同様の状況に陥る危険がある」

 県東部では広範囲の自治体に感染が拡大しており、年明け以降、県発表の感染者数のおよそ8割が東部地域となっています。

Q「県東部は市中感染にあるか。認識は?」

川勝知事「市中感染の認識は持っていない。東部は病床のひっ迫は西部中部に比べて、厳しいので、西部中部含めて協力していざというときに備える」

Q「県東部で午後8時以降の営業短縮は要請するか?」

川勝知事「現時点では各業種それぞれの対応に委ねている。基本的に午後8時以降の外出は首都圏から来ないと信頼するということがポイント。来られた時にはどうするかは、ガイドラインを読んでいただいたり、注意事項を守っていただければという方針」

 静岡県として政府に対して、緊急事態宣言を要請するかどうかを問われると…。

川勝知事「国でステージ3、4と言っているが、東京都も埼玉県、神奈川県、千葉県もステージ4に相当する指標を上回っている。静岡はひとつもない。したがって、緊急事態宣言を要請する段階ではないという認識に変わりない。目下のところはする必要がないと」

画像: 【新型コロナ】静岡県知事が臨時会見「1都3県への往来を徹底して避けて」県東部での感染拡大に危機感

This article is a sponsored article by
''.