J2ジュビロ磐田は9日、2020年シーズン限りで契約満了になったDF桜内渚(31)が、J1ヴィッセル神戸に完全移籍することが決まったと発表した。

 大阪府出身の桜内は2012年、関大から磐田に入団。センターバックや右サイドを主戦場とし、2015年には41試合出場5得点で磐田のJ1復帰に貢献した。2018年には主将を務めるなど9年間で、J1通算79試合出場5得点、J2通算78試合出場8得点を記録した。

画像: J1神戸への完全移籍が決まったJ1磐田DF桜内渚

J1神戸への完全移籍が決まったJ1磐田DF桜内渚

This article is a sponsored article by
''.